不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

黒部の太陽

日本映画史上不朽の名作と言われている石原裕次郎主演の「黒部の太陽」を観賞してきました。
「こういった作品は映画館の大迫力の画面や音声で観て欲しい」と、著作権者の希望でこれまでビデオやDVD化はされて来なかった作品です。
劇場公開は1968年、当時私はまだ小学生で当然この映画は観たことは有りません。
大人になりこの映画に興味を持っても、これまで観る機会はありませんでした。でも今回、縁あって40年前の映画を鑑賞するチャンスがありました。
高度経済発展をする日本の将来的電力不足を補うため、北アルプスのど真ん中にダム建設をするための資材運搬用トンネル掘削の難工事を題材にした映画です。

その難工事の工区を受け持ったのが熊谷組の笹島班(現:笹島建設)で、黒部の太陽で石原裕次郎が演じていた岩岡剛のモデルが、笹島建設の会長の笹島信義氏と言われています。幸運にも上映前に”トンネルの神様”と言われているこの笹島建設会長の貴重なお話を聞くことが出来ました。

笹島建設の出発点はこの黒部から始まった事、この難工事の原因でもある破砕帯の突破のエピソード、更にトンネル屋とし全国各地を渡り歩いてきた事、などなど・・・
興味深い話をされておりました。ステージに立たれたその姿は背筋が伸び、御年92才とは思えない元気さに驚かされました。

e0166045_2116151.jpg

e0166045_21163068.jpg


e0166045_21172978.jpg


e0166045_2118175.jpg


e0166045_21184679.jpg


e0166045_21201573.jpg


e0166045_21221940.jpg


e0166045_21191367.jpg


[PR]
by gen2t | 2009-09-16 21:24 | 映画