不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

幽玄の尾鈴山でツツジ三昧

尾鈴山は宮崎県を代表する山で、多くの登山者に登られている山である。
ただ、福岡からだと遠くてなかなか出掛ける機会が無いが、今回は地元宮崎の山友さん(きのこさん、putalyさん)のお誘いで、アケボノ、ヒカゲ、シャクナゲ、ミツバとツツジ系の花達で1年で一番賑わうであろう尾鈴山を案内して頂きました。
以前この尾鈴山を訪れたのが2006年5月ですから丁度5年前のことで、その時は花期、天気ともジャストタイミングで良い思い出の山である。

自宅を4時15分に出発。
途中何ヶ所かで同行者をピックアップし、集合場所の尾鈴キャンプ場に到着したのは9時10分と自宅からここまで実に5時間も掛かっている。やはりこの山域を福岡から訪れるには遠すぎます。でも今日は下山後に近くの民宿泊まりの予定なので気分的に楽だ。雨具を着けるほどではないが、時折小雨が降ったりもする生憎の天気だ。ここで熊本組と宮崎組と合流し林道上部の登山口に移動する。

で、今回のコースは林道広場登山口~瀑布群分岐~長崎尾~尾鈴山~尾鈴登山口~林道広場登山口と周回予定です。
e0166045_20532337.jpg
尾鈴キャンプ場前の駐車場
福岡の自宅をからきっちり5時間かかって到着しました。
雨上がりで新緑が際だちとても綺麗だ。
トイレ、準備を済ませ登山口のある林道上部に移動し、13名の大所帯で10時15分に出発です。

e0166045_2054319.jpg
登山道自体はそれ程傾斜もなく歩きやすいのだが、朝方まで降っていた雨のため登山道は滑りやすい。
霧が立ち込め幻想的な森を演出する。そもそもこの山域はツガ、赤松、などの自然林に囲まれていて眺望は全く期待できない山である。しかし、愉快な同行メンバーの笑い声は絶えることはなかった。

e0166045_20552682.jpg
なかなか感じの良い縦走路です。林床が凄く綺麗です。

e0166045_2056891.jpg
贅沢にも昨日の雨で散ったアケボノツツジを踏んで山頂を目指す。

e0166045_20565556.jpg
12時45分、長崎尾のピークで食事休憩です。

e0166045_20583958.jpg
ミツバツツジはもう終焉を迎えていたが、その代わりに猫の耳の様にピンと立った三つ葉の新緑が雨でより鮮やかに見える。

e0166045_2059581.jpg
アケボノツツジとヒカゲツツジのコラボが綺麗ですね。
青空に映えるアケボノもいいけど、霧に霞むアケボノも幻想的で良いですね。

e0166045_2111116.jpg
多少花期を過ぎたアケボノツツジの花びらは少し痛んではいるものの、遠目で見るには全く問題ないようだ。

e0166045_2143458.jpg
アケボノとシャクナゲのコラボです。

e0166045_2173652.jpg
14時過ぎに尾鈴山山頂到着です。
5年前に来たときには梯子がありましたが今はそれもなく、樹林に囲まれた山頂からは天気が良くても眺望は望めません。暫くの休憩後、尾鈴山正面登山口に向けて下って行きます。確かに以前登った時は登り一辺倒の嫌な登りだなぁ~と思いながら登ったのが思い出しながら、雨で濡れた足元に注意しながらの急下降です。15時45分に無事登山口の林道に到着しました。
車回収後、日向サンパーク温泉で汗を流し温泉近くの民宿に向かいます。

e0166045_2183659.jpg
漁師料理に舌鼓をうちながら遅くまで宴会は続きます。
この民宿は酒の持ち込みがOKだからと「誰がこんなに飲むの?」と思うくらい酒を持ち込んでいました。その沢山のお酒もごく数人のメンバーで飲み干していたようです。

明日の予定は本当は双石山の予定だったんですが、急遽予定変更で福岡組は古祖母山へ、宮崎・熊本組は予定通り双石山と行くことになりました。
翌朝、熊本・宮崎組と別れ古祖母山に向かっていたのですが、高千穂から見る古祖母方面はガスの中で登高意欲が失せていきます。そのうえ情報では古祖母のアケボノツツジの見ごろは過ぎているとかで、これまた急遽行き先を変更し、諸塚山と白岩山に変更する事にしました。

e0166045_2192525.jpg
諸塚山登山口です。
ここから山頂までは50分程で行けますが、ガスの中じゃ山頂まで行く気にはなれませんね。

e0166045_211031.jpg
登山口から数分でアケボノツツジの咲く所にいけます。
尾鈴山のアケボノより元気は良さそうでした。
このあと白岩山に登るために五ヶ瀬スキー場まで移動します。

e0166045_21104438.jpg
ゴボウ畑登山口から登り始め、1時間ほどで白岩山山頂に辿り着けます。今日は白岩山の山開きのはずなのですが、山頂に着いてもそれらしき気配も無く静かな貸切の山頂ですっかり天気の回復した山頂から周辺の山々の眺望を楽しみながら少し早い昼食タイムです。山開きはこの先の水呑頭のピークで行われているんだろうか?

e0166045_21111175.jpg
脊梁の山々です。
中央の鈍頂が熊本県の最高峰の国見岳です。最近、内大臣林道が通行出来るようになり、広河原登山口や杉の木谷登山口から容易に国見岳の山頂に立てます。国見岳に登ったのはもう10数年前が最後で、またいつ林道が通行止めになるかも分かりませんので近いうちに久し振りに国見岳にも登ってみよう。1時間ほど山頂で写真を撮ったりしたあと山頂を後にしました。

同行下さった皆さん、お世話になりました。楽しい2日間でした。
特に宮崎のお二人さんには大変お世話になり感謝です。

同行メンバー
宮崎組:きのこさん、putalyさん
熊本組:sanyuさん、rockさん、petboyさん、馬しゃん
福岡組:いーさん、toshiyanさん、あっぷるさん、Haruさん、Hiroさん、ごっさん、GEN
[PR]
by gen2t | 2011-05-11 18:18 |