不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:山( 66 )

2014年1月

今年も早いものでもう2月です。
1月はそこそこ寒気も流れ込み雪山の雰囲気は味わえたのですが、ここ数日は桜も咲き始めるほどの陽気続き、まさかこのまま春にって事は無いでしょうね?

1月の山歩きの報告です。
毎回詳細にUP出来ずにすみません。

2014-1-5
英彦山
曇り
別所〜奉弊殿〜玉屋神社〜鬼杉〜南岳〜中岳〜北岳〜高住神社〜自然歩道〜別所駐車場

今年初めての山歩きは地元福岡の英彦山に初詣がてら出掛けて来ました。
出掛けた日は寒気も少し緩み、霧氷は諦めていたのでしが標高の高い山頂付近ではそこそこ見る事が出来ました。積雪もそこそこ有って、アイスバーンの登山道となっており、さすがに北岳からの下りにはアイゼンを装着して下りました。
e0166045_1273489.jpg



2014-1-12
大船山
晴れ時々曇り
今水~前セリ~東尾根~山頂~柳水~前セリ~今水

登山者の多をそうな所を避け、今水から東尾根経由で大船山を周回してきました。案の定道中は誰とも合わず、山頂で小一時間滞在していたが登ってきた登山者も数人と静かな山歩きと目の覚めるような霧氷を楽しむことができました。ただ、積雪のため登山道が嵩上げされ、いつもなら普通に歩ける登山道も灌木の枝にザックが引っ掛かり、中腰での登りは辛かった。
e0166045_127489.jpg



2014-1-18
祖母山
曇り
北谷登山口~千間平~国見峠~山頂~往路を戻る

登山口に着くまで雪の気配は全く無し。
しかし、登山道に踏み入れると一度溶けた雪が再度凍結し2合目付近からはアイゼンを装着する。
国見峠で一息入れるも天気は曇りで上部はガスの中の様だ。
山頂は独り占め状態であるが眺望は余り良くなく、時折ガスの切れ間から天狗岩方面の岩峰が見え隠れするだ。下山は風穴を下る予定だったが、この天気なので諦めて登ってきた道を戻る。下山時に2~3人の登山者とすれ違ったが皆さん小屋泊まりの装備の様で、次回は私も小屋利用で訪れたいと思う。
e0166045_1275617.jpg



2014-1-29
蛤岳
晴れ
坂本峠~永山峠~水源地分岐~山頂~水源地分岐~蛤水道水源地~分岐~永山峠~坂本峠

蛤岳は初めての山でした。
平日で誰とも合うことなく静かな山歩きができました。
空気も澄んでいて、遠くは九重連山や、多良、雲仙方面もばっちり望めました。
蛤水道の水源地にも寄ってきましたが、400年ほど前にできたらしいが今も役目を果たしておりました。
e0166045_128562.jpg

[PR]
by gen2t | 2014-02-02 21:33 |
久し振りの更新です

今年も残すところ10日を切りました
若い頃の時間はゆっくりと過ぎていたような感覚でしたが、歳を重ねる度に感じる一年は何かに急かされているようにあっと言う間に過ぎて行きますね。

2013年
詳しくは書きませんが個人的には良い一年でした。
ただ山歩きは思うように出来なかった事がちょっぴり悔いが残るかな?
年に一度のアルプス遠征も体調不良で予定通り歩けなかったし、年間山歩き数も27回とこれまでで一番少ない回数となった。

ここ2ヶ月の山歩きを振り返ってみると
2013年10月12日
祖母山
尾平ー宮原ー祖母山ー天狗岩ー尾平
e0166045_23253124.jpg


2013年10月13日
三俣山
大曲ースガモリー西峰ー本峰ースガモリー大曲
e0166045_2341237.jpg


2013年10月26日
御前釈迦ケ岳
杣の里ー第二登山口ー御前岳ー釈迦ケ岳ー矢部越ー杣の里
e0166045_21214048.jpg


2013年11月6日
黒岳山麓周回
男池ー風穴ー上峠ー雨堤ー黒嶽荘ー男池
e0166045_22392487.jpg


2013年11月17日
金山
山中地蔵ー金山ー小爪峠ー林道
e0166045_22494320.jpg


2013年12月8日
涌蓋山
スキー場ー一目山ーミソコブシ山ー涌蓋越ー涌蓋山 往路を戻る
e0166045_22584445.jpg


2013年12月14日
市房山
市房キャンプ場ー山頂 往復
e0166045_23102867.jpg


年内にもう一回くら登り納めの山には行きたいと思うが、それも天気次第だろう。

更新の少く無いこのいい加減なブログに訪問して下さる皆さん、ありがとうございます。
良い年をお迎えください。
皆さんとって迎える2014年が輝かしい一年になりますように祈念いたします。














[PR]
by gen2t | 2013-12-22 21:56 |

西穂高岳

e0166045_21495780.jpg


今年もアルプス遠征して来ましたが、計画通り歩けず不完全燃焼だった
現地に到着後、39度近い熱をだしてしまい、点滴など受けて体調を整えるが1日半時間をロスしてしまう。予定を大きく変更し西穂高岳に登って来ました。晴れ、雨、ガス、曇り、雷、ヒョウといろんな天気を経験した一日でした。

e0166045_21503395.jpg

e0166045_20594755.jpg
e0166045_20591978.jpg
e0166045_21484594.jpg

e0166045_20583766.jpg
e0166045_20575947.jpg
e0166045_20572614.jpg
e0166045_2055522.jpg
e0166045_20545718.jpg

[PR]
by gen2t | 2013-08-07 21:52 |
御前・釈迦ケ岳 2012-11-04

ここんとこ毎年訪れている御前釈迦ケ岳。しかもこの紅葉時期にです。
祖母やくじゅうの様な艶やかさや目を見張るような雄大さは無いが私は好きな山域です。

紅葉具合は稜線はピークは過ぎていましたが、中腹は丁度見頃でいい感じでした。しかし、訪れたこの日の天気は下り坂で紅葉を引き立てる日差しの少ない一日でした。
e0166045_21361434.jpg

e0166045_2136159.jpg

e0166045_21361685.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-11-06 21:15 |
2012-10-21

前回登ったのが07年の2月でしたから、約5年振りの由布岳でした。

くじゅうの様な華やかさわないけれど、ほんわか秋色に包まれて流す汗は爽快で良い1日でした。
e0166045_1785024.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-10-28 16:51 |

白馬岳

数年前に歩いた後立山の山々。
しかし、期待していた白馬三山は雨とガスでその綺麗な姿、また山頂からの大眺望も見ることは出来なかった。

今回はそのリベンジと思い出かけてきたのだが、今回も天気に泣かされた遠征と成ってしまった。

e0166045_20591623.jpg

e0166045_20592015.jpg

e0166045_20592578.jpg

e0166045_20592979.jpg

e0166045_20593253.jpg

e0166045_20593591.jpg

e0166045_20594033.jpg

e0166045_20594471.jpg

e0166045_20594788.jpg

e0166045_20595262.jpg

e0166045_20595619.jpg

e0166045_20595865.jpg

e0166045_210123.jpg

e0166045_21048.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-09-23 20:30 |

くじゅう 星生山

2012-08-25 星生山

久し振りにテント泊と思いくじゅうに出かけてきましたが、強風とガス、時折降る雨に嫌気がさして星生山のみ登頂して下山してきました(笑)
下界は天気が良いのにねぇー。
e0166045_22465327.jpg

e0166045_22465569.jpg

e0166045_2247073.jpg

e0166045_2247311.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-08-31 22:36 |

高千穂峰 韓国岳

高千穂峰 韓国岳 2012-08-18・19

久しぶりの霧島の山々でした。

新燃岳の噴火後の様子も見たくて18日に高千穂峰に登り下山後には近くのキャンプ場でテント泊。翌日の19日には韓国岳に登って来ました。韓国岳は4年振りですが、高千穂峰に至っては10年振りの再訪です。

e0166045_2237196.jpg
久し振りの高千穂河原ですが新燃岳の噴火後に様子の一変しているかと思いきや10年前とほとんど変わらない様子に少し安心しました。
しかし登山道に入ると本来は石畳の遊歩道には石段が隠れるほどの火山灰降り積もっていた。火山灰と言っても砂場の砂よりも粒の大きい噴出物でその上を歩くには非常に歩きにくい厄介なものでした。
e0166045_2051828.jpg
樹林帯を抜け、お鉢への登りに差し掛かると更に火山灰の堆積が酷く、場所によってはこれ迄足掛かりとなっていた溶岩の塊も埋め尽くされ登るのに難儀します。

e0166045_22372222.jpg
なんとかお鉢の淵まで上がり振り返りみると今までの疲れを忘れさせてくれる様な景色が広がっています。桜島を初め、高隈山山系や遠く開聞岳まで見えています。

e0166045_22372690.jpg
ここから見た霧島連山の新燃岳や中岳は凄い量の火山灰に覆われていて暫くはとても寄り付けそうも無い様子です。
これから先はたしてあの開放感ある縦走路を歩く事が出来るのでしょうかね。

e0166045_211431.jpg
山頂が見えて来ましたがここからの登りが大変でした。足くびまで埋まり、三歩進んで二歩下がる状態での登りでとても疲れます(笑)
e0166045_22373313.jpg
10年振りの山頂です。
丁度この頃からガスが出て来て360度の大展望とまでは行か無いけど期待通りのご褒美が待っていてくれました。
小一時間程ゆっくりしたあと今来た道を戻ります。

e0166045_2237361.jpg
登って来る時は火山灰に足元をすくわれながら難儀しましたが、逆に下りは楽チンで一歩踏み出すと膝に負担なくズズッと滑りグングンと高度を下げて行きます。下山途中に桜島が噴火したのでしょう、黒い噴煙を空高く吹き上げていました。
登りと違い登山口まであっと言う間に到着しました。

e0166045_10562923.jpg
下山後は久し振りに新湯温泉新燃壮で汗を流します。

e0166045_10563389.jpg
韓国岳も見えるえびの高原キャンプ場。
入浴後は近くのスーパーで食材を仕入れて、えびの高原のキャンプ場ででテント泊です。夏休みの週末とあって家族連れなどで賑わっており、なるべく静かそうな奥の方にテントを設営します。ここは標高1200mあり夕方になると凌ぎやすく快適です。朝方は寒いくらいでした。
e0166045_10563732.jpg
登山口から見る韓国岳です。
本当は朝駆けして山頂で日の出でもと思っていたのですが、寝苦しさから開放されたためなのか分かりませんが寝過ごしてしまい日の出には間に合わず7時過ぎからの登りはじめとなりました。あとあとこの寝坊が命取りとなりました(笑)

e0166045_10563921.jpg
5合目付近から見たえびの高原方面です。
しかしいい天気で気持ちが良いです。
登山道も昨日の高千穂峰と比べると火山灰の影響もなく今まで通りで変わらないようです。

e0166045_10564256.jpg
韓国岳山頂。
山頂に到着する少し前からガスがかかり始め視界を時々遮られます。
期待していた新燃岳や昨日登った高千穂峰は見ることができませんでした。
予定通り朝駆けで来ていればと悔やまれます(笑)

e0166045_2241861.jpg
大浪池がガスの切れ間から見え隠れします。

e0166045_10564629.jpg
山頂で1時間程粘ってみますがガスは完全に晴れることはなくストレスの溜まる韓国岳山頂でした。

e0166045_10564820.jpg
上空の天気は良いのにねぇー。諦めて急いで下山します。キャンプ場でテントを撤収して白鳥温泉で入浴後300kの遠い道のりを自宅に向かいます。


やっぱ福岡からだとこの山域は遠くて移動だけで疲れますが、久し振りの霧島連山はやっぱ良かったです。今は立ち入りが規制されている新燃岳や中岳もいつの日か歩ける時がくるでしょう。その時がきたらその時は一気に全山縦走をしたいものですね。
[PR]
by gen2t | 2012-08-21 22:13 |

以外と涼しかった天山

2012-08-05

会社の同僚を連れてくじゅう方面の山々の計画を立てておりましたが、天気等の都合でなぜか天山に行くことになりました。
日陰のない山だから暑かろうと覚悟をしていたのですが、山頂は風がありそれほど暑くもなく爽快な気持ちに慣れました。
e0166045_2273984.jpg

e0166045_227438.jpg

e0166045_2274691.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-08-07 22:12 |

予定外の天草の倉岳

2012-07-29

本来目指した山は宇土市の外れにある『三角岳』であった。準備を済ませ、登山口に取り付くと一気に沢山の藪蚊の襲来があり、追い払う元気もなく、あまりの多さに意気消沈し、一気に戦意消失となりすぐさま撤退する。ここまで来て藪蚊に追い返させられるとは思ってっもいなかった。

こうなりゃ山を変えて天草最高峰の『倉岳』に登るために車を移動する.。とにかく藪蚊の数が半端じゃなく、衣類が真っ黒になるくらいたかってくる。このまま藪蚊に血を吸われっぱなしなら貧血になるんじゃないと思えるくらいの藪蚊の数でした。
e0166045_22223397.jpg

e0166045_21463546.jpg

車で移動1時間。
天草の最高峰の倉岳にやって来ました。山頂から見る360度の眺望に大満足です。山また山も良いですが、海の見える山もそれなりに気持ちが良いですね。

e0166045_22224349.jpg
標高が今有名な東京スカイツリーと同じなんでしょうか?スカイツリー形が山頂に立てられてあった。
e0166045_2159952.jpg
下山後は旨いものでも食って天草を後にする。
[PR]
by gen2t | 2012-08-07 22:05 |