不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

還るべき場所

WoWoで録り溜めている映画が現在20本近くあります。
なかなか観る時間が取れずにその数は増えるばかりです・・・・・・

25日は予定していた山歩きが残念なことに中止になり、好きな映画でもまとめ観でもしようかと思いますが
いざ見はじめると何故かそんな気分にはなれないのです。まぁ、こんな時もあるでしょう。
で、以前から友人に借りていた山岳小説でも読むことにします。
e0166045_22265442.jpg



笹本陵平の「還るべき場所」
そして表紙の帯のキャッチフレーズには・・・

”恋人の命を奪ったK2。男は過去に立ち向かうため、この山に還ってきた”

この題名とキャッチフレーズを見ただけで、何となく大まかな内容は見えてきますが、
10章からなる500ページ近い作品ですから、そう簡単な筋書きじゃないでしょう。
これまでも新田次郎なんかの山岳小説はそこそこ読みあさってきましたが、笹本陵平の作品は初めてです。

K2とは中国とパキスタンの国境に位置する、カラコルム山脈のひとつのピークです。
いくつかあるピークをカラコルムの頭文字のKをとって、K1、K2、K3、K4・・・・と測量番号で呼んでいました。
後にその幾つかあるピークにもちゃんとした山名が付けられましたが、何故かこのK2だけは測量番号で現在も呼ばれ親しまれています。
e0166045_22212388.jpg


標高は世界一のエベレストの8844Mには200Mほど劣りますが、登頂レベルはエベレストよりも高く、これまでの登頂者の数も少なく、逆に遭難者の数はエベレストを上回るといわれています。

そのK2で恋人でもあるザイルパートナーを亡くし、失意から立ち直るために再度K2でパートナーを亡くした同じ最難コースと言われる未登の東壁ルートに取り付く・・・・・・・

実際はこんな簡単なストリーじゃないんですが、500ページの中にはいろんなドラマがあり、私の知らない高山の恐ろしさがヒシヒシと伝わってきます。
とてもあんな登山は私には出来やしませんが、臨調感ありテンポあるストリーに引き込まれていきます。殆ど一気に読み終えてしまいました。
物語の中に出てくる心臓ペースメーカー日本エレクトメディカル会長、神津邦正の端々に出てくる自分のこれからの人生の糧にも成りそうな言葉が、読み終えた心にずっしりと残りました。

是非皆さんにも読んでもらいたいお勧めの一冊ですね。
[PR]
by gen2t | 2009-01-27 22:28 | 読書

雪もほどほどに・・・・

今回のカンパはハンパじゃなかった
本来は寒波、大雪大歓迎なのですが・・・

期待していた寒波大雪が原因で予定していた登山口まで行けない 本末転倒な本日でした。雪の降り積もるのは山だけで十分です

昨日は
雪慣れしない街中はノロノロ運転で大渋滞
そのうえ福岡都市高速も完全に通行止めに・・・・
おかげで会社から自宅まで普段は1時間ちょこっとのところが
なんと2時間40分もかかりました
しかし、このタイムはこれまでの第2位のタイムです

数年前のクリスマス・イブのタイムは3時間でした
その時も都市高速は事故の為に通行止めで
イブの夜の福岡の歓楽街天神界隈の道路は大渋滞で全く前に進みません
裏道、裏道に逃げても何処も同じで、ますますドツボにはまっていきます
イブの日に会社から貰うクリスマスケーキ、空腹に負けて自宅に着いたときには半分になっていました(笑)

e0166045_19395254.jpg


中央区大濠公園入り口の夕方の様子です
道路には雪は有りませんが、木々は真っ白です

話は逸れてしまいました 早良区の会社から中央区を抜け、博多区、東区と1時間以上掛かって抜けましたが 本当の雪道による渋滞はここからが始まりでした
仕事関係の知人に道路情報を電話しまくり情報収集をしながらのノロノロ運転です
国道3号線が全く動かないとの情報で 郡部に逃げますが道路は見る見る雪が降り積もり 更にノロノロ運転が続きます
山間部の雪道では四駆にスタッドレスを履かせている愛車も威力を発揮するのですが、街中じゃ自分だけ完全装備していても全く役に立ちません

渋滞の激しい市街地を避け 山間の田舎道に逃げ込むと更に雪は多くなり 20cmほどの積雪があります 道端で立ち往生する車を横目で2時間40分掛かった通勤は終わりました
ふ~~ぅ、疲れました
日常生活の場所の積雪はほどほどに降ってもらいたいですね


そんな訳で今日の山計画は登山口までの高速が通行止めで敢え無く中止です
久し振りに遅くまで寝ていると「ドドーーッ ドドーーッ」という音で目が覚めます
地震か?と思い飛び起きて外を見るとあたり一面真っ白な銀世界
e0166045_20301752.jpg


滅多に見ることがない自宅周辺の雪景色、飼い犬の「げん」も大喜び?です

それで目が覚めた音の原因はというと・・・・・
e0166045_2024488.jpg



屋根に降り積もった雪が滑り落ちた時の音だったんですねぇ~
山には行けなかった残念さを、滅多に見ることが出来ない自宅周辺の雪景色で我慢?の1日でした
[PR]
by gen2t | 2009-01-25 20:55 | 日常

500円貯金

毎年夏になると行っている北アルプス遠征。
昨年は仲間と車での遠征だったから、お土産代も含め〆て25000円くらいだったかな?

しかし、これが単独で出かけ、公共交通機関を利用すると4泊5日くらいでも7万~8万の費用が掛かります。
これは小屋泊じゃなくて、テント泊の場合いです。
小屋に宿泊し、一泊三食ですると約一万円の出費です。
4泊すると7万~8万円プラス4万円はさすがに辛い・・・・

e0166045_22471263.jpg


ここ数年はテントで極力費用削減に努めているが、それでも7~8万は高いです。
でも、行きたい。1年に一回は日本アルプスの風に吹かれてみたい・・・・・・

それでもってその日の為に日々500円貯金にいそしんでいます(笑)
500円玉で満タンで約300000円貯まる貯金箱。
缶が110g、500円玉が7gあり、現在の重量は缶カン込み約1400gあります。
夏まで頑張ろう!
[PR]
by gen2t | 2009-01-20 22:50 | 日常

げんPART③

e0166045_22275240.jpg



「えっー!」 言葉を失ってしまいました
帰宅後に「げん」の様子を見ると 想像以上の手術跡に驚き 頭を撫でてやるのが精一杯でした
左足の毛が剃られ 20センチ以上も有ろうかと思われる縫合した傷跡が痛々しくて見るのも辛い・・・・・
当然ですが相当のダメージう受けた「げん」 うなだれて全く元気がありませんし
その晩はご飯も水も口にすることはなく、ただ痛みに耐えているようでした
家内は玄関のフローリングに布団を持ち込んで「げん」の側で一晩中様子をみていた様です

翌朝に家内から昨夜の様子を聞きます
オシッコがしたかったんでしょう 夜中に一度外に連れ出したそうですが
オシッコをするのも大変な作業であることは間違い無いでしょう
術後2~3日はこんな毎日が続き 家内もその間仕事も休み 夜も相変わらず付きっきりの看病です
看病といっても人間の私達がどうこう出来る訳じゃありませんが ただそうする事しか出来ません

更に数日後 痛みも和らいで来たんでしょう 次第に元気を取り戻してきた様子で
食欲も旺盛に成って来て先ずは一安心です。
あれから一ヶ月半が過ぎました。
傷口は見た目は癒えたようですが、後遺症は残りそうです。
これからどれくらいまで回復するかは「げん」次第でしょうが、
現在は散歩も喜んで出掛け、リハビリに励んでいます。


[PR]
by gen2t | 2009-01-16 22:33 | ペット

NEWアイゼン

もう5~6年使用しているKAJITAXの6本爪アイゼン。
爪も随分と磨り減って短くなるし、バンドも擦れて切れるとまでいかないも随分とへたっています。
そんな時、正月の法華院で山仲間(アウトドアショップのオーナー)の連れがしていたワンタッチで脱着可能なアイゼンをしていました。EVERNEWです。
最近のアイゼンは進歩しているなぁ、、と感心していました。
e0166045_22545394.jpg



わたしのKAJITAXのやつはバンドを通したりしてなかなかややこしい。
手のかじかんでいる時や厚手の手袋をしている時などは尚更イライラです(笑)
法華院でショッポのオーナーに即注文です(笑)

6本は在庫が有るが、8本はメーカーにも在庫が無いらしく生産待ちで今日入荷しましたの連絡がありました。
たまたま九重の帰りだったのでお店に直行でGETしました。
これで少しはイライラは解消出来るかなぁ?
[PR]
by gen2t | 2009-01-13 22:55 | 山道具

寒い一日でした

昨日から今シーズン最大級の寒波が流れ込んでいる日本列島。
今日は北寄りの風も強く、福岡の平地でも雪の舞う寒い一日でした。

明日からくじゅう連山の麓で山仲間と新年会の予定です。
もちろんキャンプ場でテント・・・と言いたい所ですが、明日はキャンプ場のケビンで予定しています。
天気次第ですが何処かに登ろうかとも考えておりますがどうなる事やら・・・・
もし、どこも登らなかった時の為に今日、三郡山系の「難所ヶ滝」を見てきました。
見事に凍りつき中々の見応えです。
昭和の森からの往復ですが、多くの登山者で賑わっていました。

e0166045_207735.jpg



ただひとつ気になった事があり、凍結した登山道をスニーカーで歩いている人を多く見かけます。登りはともかく下りがスリップによる転倒が心配です。
それなりの装備をして楽しんでもらいたいものです。



今日の難所ヶ滝の様子です。
[PR]
by gen2t | 2009-01-11 20:10 |

げんPART②

そんなある日、事故は起こりました。それも大変な事故でした。

その日、私は仕事に出掛けていて、帰宅後に家の者から聞いて知ったのです
「ピンポーン」、「ピンポーン」とチャイムが鳴り響く雨上がりの朝だったそうです
そんな聞き慣れたチャイム音のなかで、逆に普段聞き慣れない「げん」の悲痛な叫び声が聞こえてきたそうです

叫び声を聞きつけ、家内が飛び出してみるとそこには「げん」がうずくまり、泣き叫ぶ姿がそこにありました
最初、事態が飲み込めないでいた家内、次第に「げん」の左後ろ足の異変に気が付いたようです
正常なときの後ろ足の関節は、適当な角度で折れ曲がっているのですが、その時の左足はピーンと真後ろに伸びきっていました
ただ、何が原因で何故そうなったかなんて素人の家内には知る術は無かった筈です
暫くして少しは痛みも和らいだのでしょうか、先程のような鳴き方はしなくなったようです

いつもの時間に帰宅し、門扉を開けるといつもは私の元に駈け寄って来る「げん」ですが
今日は明らかにいつもの様子とは違っていました  玄関のドア前で横になって動こうとはしません

同時に家内からこれまでの経緯を聞き 初めて納得できましたが本当に痛々しい姿です
その痛々しい姿を見ても何処がどうなっているのか私にも分かりません
とにかく明日、動物病院に連れて行くことにし、今晩は玄関中の土間で休ませることにします


その夜、家の者と原因について話し結論は直ぐに出ました
多分いつものようにつま先だっていつものようにチャイムを押している時
何らかの原因で足を滑らせ転倒し、その弾みで後ろ左足に異常をきたしたのでしょう
とにかく「げん」に対し、最善の治療をしてやろうと決めました

夜中に様子を見に行きましたが、可哀相ですが痛くて寝られないのでしょう落ち着きがないようです


翌日も仕事の私に変わり、家内が動物病院に「げん」を連れて行くことになりました
後ろ足の自由の利かない「げん」。後ろ足を踏ん張って車にピョンと跳び上がることも出来ない様です
多分、昨日からオシッコもしていない筈です
車に乗せるのは大変だったと後で聞かされましたが確かにそうでしょう
25㌔近くもある生き物ですからそう簡単に抱え上げることは無理でしょう

仕事中、携帯に家内から1通のメールが届き、文字は無く画像が一枚のみのものです

e0166045_22163934.jpg
その画像を見ただけで現在の「げん」の置かれた状況を飲み込むには十分すぎました
麻酔用のマスクをされ、手術台に横たわる初めて見る「げん」の姿で、更に1時間後に届いた画像は檻の中で横たわる姿でした

e0166045_22161495.jpg


帰宅後、家内からの話を聞くと、左足の靱帯が断裂している可能性が高いとのことですが
完全に切れているのか部分的に切れているのかは2~3日様子を見てみないと分からないとのことです

3日後、この日も仕事の私に代わり、家内が病院まで「げん」を連れて行き、携帯で私に状況を連絡してきます
獣医の話しでは靱帯の断裂で手術を施しても完全に元通りに戻ることは無いと家内が伝えてきます。
重度障害が残るかも知れないし、軽度の障害で済むかも知れないし、こればかりはやってみないと分からないらしい。 
えっ!本当にそうなの?動物の手術とはそんなものなのでしょうか?動物病院を間違えたかな?そんな疑心暗鬼になってきました。
しかし、家族同様に接してきた「げん」、一刻も早く痛みから解放してやりたい気持ちで一杯です。大きな疑問と不安は有りますが、今のままじゃ余りにも可愛そうで獣医に最善の対処をお願いし手術をするように家内に伝えます

この続きはまた後日・・・・・
[PR]
by gen2t | 2009-01-09 22:39 | ペット

げんPART①

禁煙”ネタ”はチョットひと休み。。。。。。です(笑))))

禁煙をひと休みするのか?吸うのをひと休みするのか?
皆さんに取ってはどぉーーでも良い事なんでしょうが、想像にお任せします。
次の”禁煙関連記事”をUPする時、いったい私はどうなっているんでしょうね?
私が知りたいくらいで、私にもどうなっているのか想像がつきません(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほんでもって今日は真面目な話なんです。
それも本当に悲しい可愛そうな、私ん家の雑種の飼い犬「げん」のお話です。

もう3年くらい前になるでしょうか?
「ピンポ~~ン」、「ピッピッ、ピンポ~~ン」・・・・・
自宅玄関のインターホーン付きのチャイムが鳴り響きます。

インターホーン越しに
家:「どちら様ですか~?」
外:「・・・・・・・・・」

家:「どちら様ですぅ?」
外:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

家:「誰れかいなぁ~??」
外:「ガサガサ!、ガッガッ!」、
  インターホンのスピーカーから凄い音が聞こえてきます。
家:「今のなんの音っ??・・・・」

返事のないのにシビレを切らし家の者が出て行くと・・・・・・、
ドアの向こうには人の姿もなく、
ただ飼い犬の「げん」が尻尾をグルングルンと廻しながら行儀良くお座りしています。

その前に。
私のハンドルネーム、GENの由来ともなった飼い犬「げん」。
当時、子供達に押し切られるかたちで子犬の時に知り合いから貰ってきました。


e0166045_211502.jpg

雑種で歳は8才(だったかなぁ)になり立派な大人なんでしょうが、
落ち着きが無く食べ物に凄い執着があります。
その上に散歩が好きで、好きで散歩の時間が来ると待ちきれず
うるさいくらいワンワン吠えて催促をします。そんな普通?の犬です。

私の自宅の構造を簡単に説明すると、
一部を除き自宅廻りはフェンスで囲まれています。
その一部途切れたフェンスと自宅建物の隙間をあり合わせのもので塞ぎ、
動物園の「檻」状態の中を「げん」は自由に走り回っています。

チャイムはフェンスの門扉と玄関ドア付近と2ヶ所に設置してあります。
来客者に対し人見知りの激しい?「げん」。
初めてもしくは慣れていない来客は外のチャイムを鳴らします。
新聞集金人や良く訪れるいわゆる「げん慣れ」している来客者は、
自分で門扉を開け閉めして玄関ドアのインターホーンを鳴らします。

来客者→→ピンポ~~ン→→玄関に家の者が出てくる
来客者→→ピンポ~~ン→→玄関に家の者が出てくる

この来客者の動作を何度も見た寂しがり屋の「げん」も学習したんですねぇ~
ここを押せば音が出て、家の者が出てくる事を・・・・・・

このパターンで家族の者は何度騙されたことか(笑)
e0166045_2122855.jpg


しかし・・・・・
これまで誰もボタンを押す瞬間は見たことがありません。
一度は見てみたいと思うのですが・・・・・
ピンポンが聞こえ”こそっと”窓から覗くも肝心な所は陰になり見えません(笑)

インターホーンの設置場所は大人の胸高ほどの所にあり、
大型犬の「げん」が背伸びしてもやっと届くような位置になります。
背筋を伸ばし、目一杯前足を上に伸ばした姿は想像出来ます(笑)

最近は家族の者も”偽物来客”のピンポーンには反応が薄くなって来て、
本来の来客者に時々迷惑を掛けたりもしています。

そんなある日、大変な事故は起こりました。
[PR]
by gen2t | 2009-01-08 21:28 | ペット

禁煙PART③

スゥッ・・・・・(ーoー)y゚゚゚






                   あぁぁぁ、、、、、










        あぁ~~~~~



                情けないぃ~~~




皆さん、・・・・・・m(_ _)m



おお~~っ  怖え~~~!!
[PR]
by gen2t | 2009-01-07 20:53 | タバコ

早くも挫折(笑)

やはり禁煙は難しい・・・・
新年の抱負、目標としていた「禁煙」。
敢え無く2日で終わってしまいました。
本当に意志が弱いのには我ながら感心する(笑)
止めなきゃいけない、吸って良い事なんか絶対無い、と、頭の中では判っているのだが・・・・

新年早々、煙草持たないでくじゅうの法華院温泉に1泊したのですが、山荘の売店で売っているんですねぇ~、煙草が。
普通、北アルプスの全ての山小屋には煙草はおいていませんが、あるんですねぇ~法華院には(笑)
長く山歩きを楽しむのなら煙草は絶対「不利」とは判っているのですが・・・・

煙草を吸われない方の為に、今の煙草のパッケージにはこんな恐ろしい事が書かれています。

e0166045_1154176.jpg


「絶対吸わない」と言う自分の意志が一番大事なんでしょうが、良い方法があれば誰か教えて下さい(笑)
[PR]
by gen2t | 2009-01-04 11:06 | タバコ