不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

黄砂飛来

ここ数日の福岡は、近くの山の稜線もぼんやりしか見えません。
原因は判っているのです。そう、この時期になると大陸から飛来してくる厄介な春の使者とも言われている「黄砂」です。周辺がぼんやり見えたり、車の上にほこりが積もったりと、なかなか迷惑な春の使者です。
まぁ、一時的なことだから我慢するしかないのだろう・・・

話は変わりますが、最近良く見かけませんか?
そう、イヤホンを耳にした若者を。
携帯に内蔵されている音楽プレイヤーを所構わず、歩行中も、自転車に乗っているときも、聞きながら移動しています。
先日、私の車の前を自転車でフラフラと飛び出してきます。
急ブレーキを踏み、窓を空けて「危なかろうがー!」と怒ってもイヤホンを外しながら、「なんですか~」。
実に頭にくる危険な奴等が最近増えてきたのが取り締まる方法は無いものだろうか?

頭に来る出来事が最近は多くなった。
ん?それとも私が怒りっぽくなったんだろうか?
[PR]
by gen2t | 2010-04-30 21:28 | 想う事

不可解?

数日前の話です。
ちょっと不可解な体験をしました。
その時はそんなに深く考えもしなかったのですが、後日良く考えてみるとやっぱ不可解です。

場所は福岡市東区と糟屋郡新宮町との境にある立花山。
登山口から山頂往復しても1時間くらいで登れる山です。
そんな手軽さも手伝ってか、仕事帰りに時々登ることがあり、山頂からは福岡市内を一望でき夜景を観るには最高の山頂です。

当日は風は強く曇の多い空でしたが、大気は結構澄んでいて夜景を観るには良い条件ではと、いつもの様に仕事帰りに登ってきました。
登山口に着いたのは日没後の19時前で、辺りはまだ明るさはあり、まだ懐中電灯を点けるまでは有りませんでした。風が強く木々がこ擦れ合い、葉がざわめいて普段とはちょっと違う雰囲気です。

登山道を20分ほど登ると立ちはだかるように大きな「屏風岩」が有り、休憩用のベンチがあります。そのベンチの前を通り過ぎる時にベンチの上に何かあるのに気がつきました。
その頃には既に照明は灯していましたが、女性用?子供用?か良く分かりませんでしたがザックが置いてあります。正確に言うとザックと言うより、良く街中で女性が背負っているそのての物の様に見えました。
その時は日中に誰かが休憩したときにでも忘れて行ったんだろうと気にも留めないで山頂に向かいました。
山頂では思惑通りの夜景を楽しんだあと、先程登ってきた登山道を下って行きました。
そして先程のベンチの前を通りかかったとき、「ん!あれっ?」つい3~40分ほど前にはベンチの上に有ったザックが見当たりません。

「???・・・・?」

「俺の見間違いかなぁ~?」

「あの時誰か近くにいたんだろうか?」

「あの後、持ち主が取りに戻ってきたんだろうか?」

そんな事をいろいろ考えて下山してきましたが何か納得行きません。
私は霊とかその類のものは真っ向から否定する方です。だから今回の事も私の結論としては「私の見間違い」か「あの後、持ち主が持ち帰ったんだろう」と結論つけましたが、自宅で家内にその事を話すと、「そりゃ、絶対霊のしわざバイ」とか「幽霊バイ」と興奮するけど・・・・

本当は何だったんだろうか?
[PR]
by gen2t | 2010-04-09 21:31 | 想う事

嬉しかったなぁ~♪

同級生の娘の結婚披露宴に出席してきました。

案内されたのは8人掛けの円卓テーブルで、全員着席すると皆さん顔なじみの同級生ばかり。久し振りに会う同級生もおるし、お互いの近況を語り合ったり、探りを入れたりと・・・

「こいつ老けたなぁ~」

「こいつハゲたなぁ~」と、心で思いながらも、

自然と話も弾み披露宴「そっちのけ」のまるで同窓会のようでした(笑)

何よりも嬉しかったのは、今時8人全員が揃って喫煙者とあって、なんかチョッピリ嬉しかったりもしました(笑)
e0166045_2221553.jpg


[PR]
by gen2t | 2010-04-07 22:02 | タバコ

頑張らにゃ、いかんバイ

福岡は朝から生憎の雨でしたねぇ。
それでも今日から新年度の始まりです。

我が社にも本日ピカピカの新社会人がひとり入社してきました。
先月中頃発表の県内新卒就職内定率は確か7割くらいだと新聞に出ていたと記憶していましたが・・・
そんな厳しい就職難を乗り越え、はれて新社会人となり我が社の一員となった彼ですが、不景気でこんな厳しい社会情勢の中で、私達以上に期待と不安で頭の中は一杯なんでしょうね。
厳しい社会に揉まれながらも「頑張れ!」と、心からエール送りたい気持ちで一杯です。

今日の新聞に。作家の「北方謙三」さんからの応援メッセージが書かれていた。それを抜粋してみると・・・

「新社会人か、新入生か、おおきな希望を感じさせる、良い言葉だな。
しかし、待っているのは、挫折か負けかも知れないんだぞ。
そのとき挫折した事も、負けたとも思うなよ。
若い頃はそれで良いんだ。立ち上がれば良いだけの事で、若さにはその力がある。人生を決定するような挫折も負けも、青年期にはないと断言出来る。

そんな私も心機一転気持ちを引き締めて頑張ろうと・・・
[PR]
by gen2t | 2010-04-01 20:59 | 想う事