不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

30キロは遠かったぁ~

いつかネットサーフィンをしていた時に目に止まった「第7回 別府・大分かぼすウオーク」の記事。登山道ばかり歩くんじゃなくたまにはアスファルトの道でも歩いてみるか~(笑)
気軽な気持ちで無謀にも「30KM」の部に申し込んで先日の27日に参加してきました。

結果は・・・・
はっきり言ってなめておりました。
アスファルトの30Kは遠かったです。きつかったです。痛かったです。
10月に福智山を採銅所駅から八幡駅までの30Kを歩き、それよりは高低差も少なく楽だろうと気軽に考えていましたが、実際はそうではありませんでした。体力的には余裕はあったと思いますが、履き慣れない運動靴で歩きなれないアスファルト・・・・・
靴摩れで豆を作り最後の10Kは痛みとの戦いです(笑)
ゴールした時は「もう二度と歩かんぞ」と思っていましたが、今こうやって思い出しながら記事を書いているとまた機会があれば参加しても良いかな?と思ったりもしています(笑)

e0166045_21372537.jpg
e0166045_21385021.jpg

[PR]
by gen2t | 2011-11-29 21:40 | ウオーキング

久し振りの阿蘇・高岳

ここんとこ現役サラリーマンの身分じゃ辛い週末度の雨模様です。
せっかくの週末の土曜日も雨。
映画「マネーボール」でも観て過ごしましたがそれはそれで面白かったのですが、でも何となく勿体無い1日でした。しかし、日曜日の天気予報は昼頃から回復傾向との予報を信じ、阿蘇五岳のひとつ高岳に久し振りに出かけてきました。
阿蘇五岳(根子岳・高岳・中岳・烏帽子岳・杵島岳)のうち根子岳には1年に一度くらいは登るのだが、他の山々はなかなか登る機会がなく10年以上は登っていなかった。

当日は天気の回復が遅れそうなので、普通より遅めの入山です。
しかし、仙酔峡の駐車場から見上げる高岳は、すっぽりとガスに覆われ風も強そうです。まぁ登っているうちに天気も回復し、山頂に着くころにはきっと晴れ渡る事だろうとモチペーションを奮い立たせて登り始めます。私が仙酔尾根に取り付いたころには既に下山してくる登山者も見られました。
e0166045_21164425.jpg
見上げるとテンションが下がりますねぇ~

e0166045_21182164.jpg
半分ほど登ってくると青空も見えはじめ期待も膨らみます。

e0166045_21201347.jpg
しかし山頂に着く頃には再び濃いガスと強風で、風を避け天気の回復を待つ場所もなくさっさと下山します。予定では中岳を経由して周回の予定でしたが残念です。

e0166045_21211012.jpg
下界は良い天気なのですがね~

e0166045_21224640.jpg
下山を初めて1時間もするとお決まりのパターンの様に山頂付近のガスは晴れ、ガックリ肩を落としての下山です(笑)

e0166045_2123566.jpg

e0166045_21254029.jpg
下山してきましたが次はこの状態の時に登りたいものです。

e0166045_2126327.jpg
阿蘇らしい牧歌的風景です。

e0166045_21273870.jpg
中にはこんな赤牛もおります。


この日は北西の風も強くとても寒い1日でした。
もうすっかり山は冬に突入しており、翌日のTVでは初冠雪のニュースも流れておりました。
[PR]
by gen2t | 2011-11-23 10:07 |

鷹ノ巣山(英彦山系)

鷹巣山の紅葉のお誘いが係り、いそいそと出かけてきて来ました。
登山口で準備中に登山靴を忘れた事に気付きますがあとの祭りです(笑)
まぁ、その時は同行者の好意により何とか歩けたのですが、一番してはいけない忘れ物をしてしまい大いに反省です。

で、肝心の紅葉はと言うとピークは過ぎ、イマイチの見栄えでした。
でも、大勢の山友さん達と賑やかに歩けた事を良しとしよう!
e0166045_21325330.jpg
e0166045_21354179.jpg
e0166045_21374936.jpg
e0166045_21413674.jpg

e0166045_21482614.jpg

e0166045_2292352.jpg

e0166045_21534069.jpg

e0166045_22143845.jpg

今回の山歩きでひとつ思ったことがあります。
この山を訪れたのは10年くらい前でしょうか?
その時は歩く登山者も少なく、今の様に危険な岩場にも安全対策のロープもありませんでした。確かに危険な岩場も幾つかありますが、ロープを使うほどでもないと個人的には思っていますが、ロープを張ることで多少の安全確保が施され、多くの登山者が登る事ができているのが現状です。
しかし、そのロープを良く見ると岩角なんかこすれ、全体重を掛けるのには危険な箇所もありますから充分に気をつけて行動したいものです。
[PR]
by gen2t | 2011-11-14 21:33 |
ここ数週間は雨の週末。
やっと今週は天気も良さそうなのですがそんな時に限って早朝に所用があり、遠くの山には行けない本日です。何処にも行かないのも勿体無く、長谷ダムから三日月山・立花山を歩いてきました。
e0166045_19445530.jpg

e0166045_19503297.jpg

e0166045_1947633.jpg

低山で紅葉もない山ですが、久し振りの青空の山頂で2時間近く昼寝なんかしながら至福の時間を過ごす事ができました。
[PR]
by gen2t | 2011-11-12 19:31 |
脊梁の国見岳に登ろうと十数年ぶりに内大臣林道から広河原登山口を目指すも、内大臣林道を10数分走ると山肌が大規模な崩壊で林道は通行不能。少し前の情報では問題なく登山口まで行ける筈だったんですが・・・・。

さて、下がるテンションを奮い立たせ、国見岳は諦めて別の山を考えます。
天気も芳しくないし、手ごろな山をと考えて以前家族で訪れた事の有る日本一の石段の山「大行寺山」へ登ってきました。
e0166045_19311410.jpg

山頂付近の展望台から見る景色は曇り空の割には遠くまで見渡す事が出来ました。
下山後にポツポツと雨も降り出し、なんとか濡れずに済みましたが、山歩きと石段の上り下りでは使う筋肉が違うのでしょうか?久し振りに筋肉痛を感じる日が2~3日続きました。
[PR]
by gen2t | 2011-11-09 19:31 |
e0166045_19293452.jpg

いい加減に頭に来るよなぁ・・・

えっ!何がって?
それは週末度に訪れる雨降りで、今年の紅葉計画が思うように消化できていない事にです。まだ現役の私には貴重な週末なんですが、見事なまでにキッチリと型に嵌まった様に休日になると雨。
誰が悪いわけじゃないのでしょうが、もういい加減にこの恨めしいパターンが変わってもらいたいものです(笑)

週末でもない文化の日に熊本の根子岳の紅葉鑑賞計画を立てます。当日の天気予報は曇りから晴れの予報で、久し振りに太陽の日差しの下で紅葉を楽しめるなと、期待をしながら数箇所で同行者をピックアップして根子岳の登山口に向かいました。

しかし、登山口に着いたころには山全体もガスで覆われ、雨までポツリ、ポツリと・・・・
登る前からテンションは急下降です(笑)

結局、根子岳の紅葉を諦めて、天気の回復の早そうな福岡と大分県境に位置する御前釈迦ヶ岳に舞台を移す事にします。御前釈迦ヶ岳はここ数年は毎年訪れているのですが、今年も先月の10月の23日に近くの渡神岳に登ったついでに紅葉状況を確認してきました。その時の予想では1週間くらい先とと思っていたので、2週間後の今日は少しピークは過ぎているだろうな思いながら車を移動します。途中道草も有り、登山口に着いたのは昼前でした。

山行日:11月3日
天気:曇りのち晴れ
コース:矢部越~釈迦ヶ岳~御前岳~第二登山口~林道~車道~矢部越
同行者:Hiroさん、putalyさん、toshiyanさん、S・TAROUさん、Haruさん、GEN
e0166045_19314688.jpg

e0166045_19333366.jpg

e0166045_1936057.jpg

e0166045_19385256.jpg

e0166045_1941496.jpg

e0166045_19423986.jpg

e0166045_1945430.jpg

e0166045_19464536.jpg

e0166045_19481516.jpg

ご覧の様に少しピークは過ぎていましたが、そこそこの紅葉は楽しむことが出来ました。同行の皆さん有難うございました。
[PR]
by gen2t | 2011-11-06 20:08 |

置き去り犬

e0166045_20192654.jpg

娘が子犬を連れて帰ってきた。
子犬の可愛らしさは残るが、結構大きくて見た目生後3~4ヶ月は経っているだろうか?

娘の勤め先の入りのドア付近に繋がれていたらしい。
いつから繋がれていたのは判らないが、少なくとも15時から23時過ぎまで繋がれた状態だったらしい。その繋がれた子犬の回りにはドックフードが置かれ、「ちょっと買い物が済むまでここで待っていて」という状況では無かったようだ。職場の責任者が「明日の朝までこのままの状態なら保健所に連絡する」と言った事が気になって自宅につれて帰ってきたらしい。

我が家には13歳になる老犬「ゲン」がいるし、新たにもう一匹飼うのは難しいだろうと新らしい飼い主を探すも、そう簡単には見つかる訳もない。
まぁ、一匹飼うも二匹飼うもそう負担は大きく変わらないだろうからこのまま飼っても良いのだが、ひとつ問題が発生する。
先住のゲンと初顔合わせをさせた時に、ゲンがこれまでに見たことが無いくらい興奮し、歯を剥き出しにして吼えて威嚇し、挙句の果てには子犬の鼻をガブリと噛んでしまったのだ。現在はお互いが顔を合わせないところで飼って、散歩も別々に連れて行っています。

確かに先住犬のテリトリーに連れて行き、「仲良くやんなさいよ」というのも人間の都合だろう。まぁ、気長に仲良くなるのを待つしかないかな。

それよりなにより何の理由が有るか知らないが、物を捨てるように生き物を放棄する我侭な飼い主に腹が立って仕方がない!最初から生き物を飼う資格なんて無かったんだろう。そんな我侭な飼い主から教えられたのだろうが、尻尾をブンブン振りながら「お手」「おかわり」「おすわり」をする姿が哀れで仕方がない。
[PR]
by gen2t | 2011-11-05 20:20 | ペット