不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

沢水から稲星、白口岳

2012-07-25
晴れ

記録的な豪雨となった今年の九州の梅雨もやっと開けました。その梅雨が開けたとたんに照りつける日差しは厳しいものがあります。
そんな中久し振りに沢水(展望台)登山口から稲星山〜白口岳〜鉾立峠〜佐渡窪〜くたみ分かれ〜沢水登山口と歩いて来ました。

随分久し振りと思っていた今回のこのコースですが、良く調べてみると2006年の5月に歩いており6年振りの入山となりました。
e0166045_12385880.jpg
登山口の展望台から見た久住高原
豪雨被害の大きかった阿蘇五岳も望む事が出来ましたがここから見る限りでは被害の様子は伺い知る事は出来ません。
しかし、久し振りの良い天気です。

e0166045_19323252.jpg
登山口から少し歩いた所ですが以前登った時には無かった様な気がします。自然林と人工林の入り混じる登山道を進んでいくと大きな岩が目に付き始めます。
短い足を目一杯に伸ばしながらおおいわをのりこえていきます。

e0166045_2018525.jpg
樹林帯を抜けたところから振り返り見た久住高原や阿蘇方面です。
本来の登山道は再び樹林帯に入って行くはずなんですが、私の記憶にはない大きな土石流後の荒れた所を登ることになります。登山道が流されたのかその荒れた土石流跡を暫く直登りして本来の登山道に戻ります。
見上げると上部はガスが掛かったり、青空が見えたりと目まぐるしく変化しています。
今は良いけど山頂に着く頃には晴れ渡ってもらいたいものです。
鳴子山の山肌を斜上して白口岳と稲星山の鞍部の稲星越えに到着します。

e0166045_2018635.jpg
稲星越えから見る九州本土最高峰の中岳(右)と天狗ヶ城(左)ですが薄いガスで覆われています。この鞍部から左に向きを変えて稲星山に向かいます。

e0166045_1246876.jpg
稲星山の登りの途中から

e0166045_12461068.jpg
山頂手前

e0166045_20524868.jpg
稲星山山頂から久住山(左)星生山(中)天狗ヶ城(右)
ここで食事休憩しましたが吹き抜ける風は心地良く少し寒いくらいでした。
30分程休憩し、今きた道を稲星越まで戻り今度は白口岳への登り返します。


e0166045_21101536.jpg

e0166045_2110179.jpg
白口岳山頂です。
後ろの山は大船山です。

e0166045_21101813.jpg
白口岳から鉾立峠の下りから見た坊がつると平治岳。山頂から一気に鉾立峠までの標高差340mを下って行きます。

e0166045_21101977.jpg
鉾立峠から今下ってきた白口岳方面です。その白口岳の山肌には先の九州北部豪雨の時に出来た崩壊、土石流の新しい爪痕がいく筋も見ることができました。
ここから車を停めている登山口までは2時間弱で到着する予定でしたが・・・・

e0166045_12461366.jpg

鉾立峠から下り始めてびっくりしました。先日の豪雨で白口岳や鳴子山の斜面からの土石流は佐渡窪まで拡がっており、至る所で登山道は流失し、道標、テープを付けた木々も押し流されておりました。
佐渡窪も水分を含んだ多くの堆積物で埋め尽くされており、確かめて歩かないとハマってしまう状態です。鍋割峠からくたみ分かれまでも酷い状態でした。
至る所で登山道は寸断、流失していて何度か登山道を探しながらの下山でした。水の破壊力は凄まじいものが有り、表土を流し山肌には深くえぐられた水路が刻まれておりました。入山前には多少の登山道の荒れは予測していたのですが予想をはるかに超えた状態でした。普段より多くの時間を掛けて下山してきましたが、道標、テープ等の整備が整うまでのしばらくの間この登山道の利用は避けた方が良いでしょう。
[PR]
by gen2t | 2012-07-26 17:55 |

会社帰りの一コマ

e0166045_22342767.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-07-19 22:30 | 日常
豪雨被害の大きかった九州、東北以外の地域は梅雨明け宣言が出ましたね、
九州も現在発生中の台風7号が過ぎ去れば待望の梅雨明けとなることでしょうね。

本日は梅雨が開けたんじゃないかと思えるくらいの青空が広がり、空気も澄んで遠くの山々もクッキリ見えておりました。

会社の屋上から見た油山、背振山方面と三郡山山系です。
e0166045_17561225.jpg

e0166045_175613100.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-07-17 17:29 | 日常

雨の休日に

しかし良く降る雨ですね
腐る気持ちを吹っ切る為にダッチオーブンでビーフシチューでも作ってみました。

e0166045_202566.jpg

e0166045_202791.jpg
約1kgの肩ロースに焦げ目をいれ、缶ビール1本で約1時間弱火で煮込みます。
こうすると肉が柔らかくなり箸で切れるくらいの柔らかく仕上がります。

e0166045_20284.jpg
1時間後に一度肉を取り出します。
煮汁も捨てずにとっておきます。
e0166045_2021046.jpg
次に玉ねぎとニンジンを焦げ目が付くぐらいに炒めます。
e0166045_2021185.jpg

e0166045_2021346.jpg
焦げ目がついた頃合いにワインを入れますが分量はボトル3分の1くらいかな?
ワインがひと煮立ちする間に肉の塊を大き目に切り分けます。
e0166045_20161629.jpg
ここで肉と煮汁、デミグラソース、水を500cc程入れて更に1時間煮込みます。
e0166045_20162084.jpg
1時間後に皮付きのままのジャガイモを入れて更に40分程煮込みます。
e0166045_20162218.jpg
40分後にはこんな感じでまだとろみが無く水ぽい感じです。塩コショウ、ケチャップで味を整え、今度は蓋を開けたまま30分程水分を飛ばしますが、飛ばし過ぎには注意です。
e0166045_21195712.jpg
煮込み始めて3時間超で出来上がりです。
e0166045_21195981.jpg
肉は箸で切れるくらいに柔らかくなりました。でも肉よりもとろける玉ねぎやニンジン、ジャガイモの旨いこと!
最近はキャンプにも暫く行って無いし作る機会もなかったのだが久し振りに作って見たがまずまずの出来栄えだった。

話は変わるけど今年の梅雨はよく降りますね。北部九州には甚大な被害をもたらし、今も降り続けている。おまけに台風7号も発生し心配なところだが、この7号が通り過ぎると待望の梅雨明けも近いことだろう。
[PR]
by gen2t | 2012-07-16 19:38 | ダッチ料理

久し振りの夕焼け

仕事帰りに三日月山に登ってきました。
今朝方の大雨で登山道は川となっていて運動靴で登る足もとは水浸しである。
普段見ることのない滝がいくつも現れ、何か得した気持ちであった(笑)
e0166045_22425567.jpg

e0166045_22425680.jpg

e0166045_22425857.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-07-03 22:36 |

二度目の城山

一週間前の日曜日、沢山の山友さん達と訪れた時もお目当てのキヌガサタケをおめにかかることはできませんでした。自然相手のものだから仕方がないなと諦めておりました。
で、1週間後の日曜日にはひとりで出かけてきました。やはり今回も開いておりません。

諦めて山頂に向けて歩いていると上からtoshiyanさんがリハビリがてらに登って下山されているときでした。挨拶は今日もダメやったねぇ〜です。(笑)
e0166045_22352737.jpg

e0166045_22353129.jpg

山頂で暫く休憩後に山頂をあとにします。
少し下ると今度は肉まんさんが重装備のザックで登ってこられました。予想通り四塚の縦走に挑戦されるようです。
私も何度か縦走、往復縦走は何度かこなしていますが、この時期の縦走だけは避けてきましたが、あえてこの時期を選んだ肉まんさんはただものじゃないな(笑)
頑張って下さい〜とお見送りをした後、白のキヌガサタケのあるところに移動しましたが、前日の朽ちかけたものしか見ることがで来なかった。残念!
e0166045_2235335.jpg

[PR]
by gen2t | 2012-07-03 22:17 |