人気ブログランキング |

不定期更新の気ままなブログです。時々覗いてください(笑)


by gen2t
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

二作品観てきました

今回も二作品を鑑賞していました。

まず一作品目は『バンテージポイント』です。

アメリカ大統領暗殺の決定的瞬間までの20数分間を、8人の目撃者、8つの異なる視点で追ったサスペンス・アクションです。斬新なストーリーで8つの視点をひとつの真実へと導いていきます。ストーリー展開とカメラワークなどが絶妙で今まで見たことがないような印象の社会派アクションに仕上がっています。同じ様な場面を繰り返し見せられるのですが、微妙に違う視点から次第に明らかになる事件の細部に引き込まれていき、飽きることなく楽しめました。
それから大統領のSP役で出ていた俳優が誰だか思い出せなく、上映中にずっと考えていたんですが最後のほうでやっと思い出せました。「デイ・アフター・トゥモロー」に出ていたデニス・クエイドでした。これも上映終了間じかに思い出す事ができてスッキリしました。



二作品目は『ノーカントリー』です。

本年度アカデミー賞で作品賞、監督賞などの主要部門を制した『ノーカントリー』は、1980年代のテキサスを舞台にしたサスペンス・スリラー映画です。大金を偶然手にした男、その男の命を狙う殺し屋、そして殺し屋から男を守ろうとする保安官のバトルと、彼らがたどる壮絶な運命が描かれています。『ファーゴ』の鬼才監督、ジョエル、イーサンのコーエン兄弟最高傑作との呼び声も高い本作で不気味な殺し屋アントン・シガーを演じアカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムの演技は本当に怖かったです。
それまで散々関係ない人の殺害場面は沢山あったのですが、肝心の大金を手に殺し屋から追われる男の殺害シーンは無く、殺害後の死体だけです。さすがコーエン兄弟監督の手腕は独特の緊迫感と恐怖を演出しています。

e0166045_237443.jpg
by gen2t | 2008-03-23 16:04 | 映画